pagebanner

門人たちと技術の伝承
片品村の絹遺産

史跡と片品絹遺産の会
会の成立まで
■規約
現在の活動

 

最終更新:2015.3.27.

 

片品絹遺産の会 規約

1.設立趣旨

1) 「永井流養蚕術」の歴史・文化的意義を広く深く調査する
2) 関連史跡の調査・補修保存活動を推進する
3) 上記の成果を次世代に伝え、片品村の歴史・文化遺産として継承する
4) 成果の情報化と発信により、針山・花咲地区、片品村の観光推進に寄与する
5) NPOの性格を持つ、会員各自が自由に発想し活動する、ゆるやかなネットワークの会として活動する
   
2.組織
  会長

戸丸俊一(花咲・文化財調査委員)

  調査・企画 笠松 亮(摺渕・社会教育委員)
大竹文夫(菅沼・区長会会長・郷土史研究家)
大竹将彦(鎌田・文化財調査委員・片品村史編集委員)
戸丸廣安(菅沼・村議会議員)
千明長治(針山住人・長寿庵)
永井昌美(針山住人)
永井治(針山住人)
神田隆(栗生・エコロヴィレッジ主宰)
笹原京子(東小川・工房ヌー)
千明政夫(摺渕・文化協会会長)
萩原武治(土出・郷土史研究家)
戸丸節夫(花咲・第三区区長)

  会計 須藤たね子(東小川・片品の民話を語ろう会)
  監査 星野千里(鎌田・村議会議員)
  特別顧問 永井留治(沼田・片品村史編集委員・永井紺周郎四代目子孫)
永井啓之(花咲・永井家当主)
鬼頭秀一(東京・東京大学名誉教授=新領域創成科学研究科)

  協力会員 大久保勝美(鎌田・古文書研究会会長)
林初太郎(沼田・歴史研究家・元片品村南小学校校長)
木村信夫(前橋・永井流門人木村松太郎四代目子孫)
宮沢福寿(高崎・日本蚕糸学会)
金井竹徳(沼田・群馬県歴史散歩の会利根沼田支部長)
星野盾(沼田・沼田市職員・片品村史編集委員)
千明貞夫・富江(摺渕・元養蚕農家)
新井光江(摺渕・郷土史研究家)
立木良枝(利根町・尾瀬高ハートフル受入家庭)
田中光則(東京都三鷹市・編集者)
須藤照義(東小川・郷土史研究家)
籠島富子(東小川住人)
入澤誠・眞理呼(越本・永井流門人入澤啓次郎四代目子孫)
林聖子(太田・片品の民話を語ろう会)
宮田勝(東小川・文化財調査委員長・ウ王の会会長)
佐藤高弘(埼玉県蕨市・尾瀬の郷親善大使)
星野寛(土出・県議会議員)
道下博(針山住人)
黒沢秀基(利根町・養蚕研究家)
笠原圭太(越本・養蚕研究家)
山口亥二郎(前橋市大胡町・永井流関係文書所有者)
松田治男(前橋市堀越町・永井流関係文書所有者)
星野上(みなかみ町・かみつけの国本のテーマ館)
林匡宏(県立尾瀬高校校長)
星野精一(須賀川・村議会議員)
須藤恵子(丸沼・社会教育委員)
星野光三(花咲・社会教育委員)
座光寺均(土出・社会教育委員長)
星野恵美子(花咲)
片山雅資(武尊根小学校校長)
小野万亀夫(沼田市・郷土史研究家)
井上隆至(幡谷・教育委員)
星美弥子(東小川・教育委員)
桑原豊平(幡谷・風穴管理人)
須藤隆史(鎌田・郷土史研究家)
森田征男(鎌田・郷土史研究家)
星野伝六(御座入・元養蚕農家)
宮田晴美(花咲の湯職員)
星野泰三(花咲)
田中弘子(小金井市・写真家)
桐山敬子(前橋市・はな工房)
千明勝(摺渕・元養蚕農家)
星野くめ子(摺渕・元養蚕農家)
吉澤美津江(沼田市)
(順不同)

3.設立  
   
  平成26年10月24日
   

4.主な活動

 
 
1) 永井紺周郎・いとの事績の研究
2) 片品村における養蚕、民俗史の研究
3) 上記成果を情報として村内外へ広く発信
4) 片品村の歴史観光へ結び付ける各種広報活動の企画・実行
     
5.運営予算

 
1) 伝習所や関連施設の整備、案内看板等の設営費用、調査にかかわる費用は教育委員会からの運営費及び県の文化振興関係の補助金による
2) パンフレット等の配布物、説明資料等の制作費は役場(むらづくり観光課)の観光振興・促進費を見込む
3) 日常の連絡等の事務経費(会報作成、送料及び打ち合わせ等の実費に充当) は会員からの会費でそれにあてる
     

6.会費

 
1) 年会費A: 会長、調査・企画担当、会計担当、監査担当は、¥1,200
2) 年会費B: 協力会員は、¥600
3) 寄付その他: 村内外の有志・篤志家による寄付は常時受け付ける
   

7.会議・連絡

 
1) 定例総会: 年1回、正会員(会長、調査・企画、会計、監査、特別顧問)を会長が招集する
2) 臨時総会: 正会員、協力会員からの要請により、会長が随時招集する
3) 定期情報伝達: 年4〜5回(予定)、すべての会員・関係者にメールまたは文書で活動経過や予定、新資料の発見などの出来事を報告する
   

8.情報発信

 
1) 会の公式ホームページにより、一般社会の研究者や公共機関に対して片品村の養蚕・絹遺産関係の事績を公開し、認識を広める
2) 県内外の文化・学術機関(図書館、公文書館、絹産業関係施設等)に対し、デジタルデータ及び文書によって会の研究成果や活動を発信する
3) 特定の機関・組織(県立図書館、文書館等)に対しては、別途デジタルアーカイブの整備を推進する
   

9.関係機関及び事務局の所在

 
1) 本会は、片品村文化協会・文化財調査委員会と協同する特設プロジェクトチームとして位置づける
2) 県庁その他に対する公式の連絡先は片品村教育委員会とする
〒378-0415 群馬県利根郡片品村鎌田3946 
中央公民館2階 片品村教育委員会
Tel: 0278-58-2114 Fax: 0278-58-4611
3) 実務的な業務の連絡先、情報発信・受信基地は下記に置く
会長 戸丸俊一
 〒378-0408 群馬県利根郡片品村花咲1621
 ペンション尾瀬ほたか
 Tel: 0278-58-3248 Fax: 0278-58-3407
調査・企画担当 笠松亮
 〒378-0406 群馬県利根郡片品村摺渕16
 Tel/Fax: 0278-20-7023
 E-mail: ryoksmt@mail.wind.ne.jp
   

10.追記事項

 
1) 会の活動実績と一般社会の動き(県の絹遺産関係のイベント等)を考慮し、平成27年度以降も引き続き調査と情報発信の範囲を広げる
2) 会員の入会は常にオープンとして、本人の意思による退会も自由とする
3) その他、運営に従って生ずる業務については中心メンバーが随時選択し、合議によって実行計画をたて、実行する。
4) 金銭の歳入・歳出は群馬銀行尾瀬支店に窓口の口座を設け、それによって厳正に管理し、会計、監査は別に担当者を指定してその任に当たらせる

ページトップへ戻る

line

片品村絹遺産の会
〒378-0415 群馬県利根郡片品村鎌田3946 中央公民館2階 片品村教育委員会
Tel: 0278-58-2114 Fax: 0278-58-4611 E-mail: ryoksmt@mail.wind.ne.jp
Copyright by Katashina Kinuisan-no-Kai 2015. All rights reserved.
書面による承諾なしに内容の一部または全部を引用することを禁じます。